FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
lantern01.jpg

前回の続き
~ コールマン200Aのランタンケース自作(1) ~


さて、扉の作成に取り掛かります。

25mmの蝶番をホームセンターで調達。
前開きにするため蝶番を取り付けるのですが、このように少し掘り込んでおきます。

lantern12.jpg

これ、ミノを使わずに鋸と棒ヤスリでおこないました。
正直ミノを使うのは苦手なんです。
鋸を軽く当てて削っていくように堀っていき、最後は棒ヤスリで整えました。


このような感じになります。

lantern13.jpg


上側の蝶番の掘り込みがあまく、少し隙間が開いてしまいました。
この程度は許容範囲です。潔く諦めます。

lantern14.jpg


200Aランタン鎮座。
いい感じになってきました。

lantern15.jpg

と、ここで問題発生!
蝶番のビス位置が悪く、板が割れてしまいました!
取り付けた時に内側に寄りすぎて嫌な予感はしていたのですが・・。

lantern17.jpg


焦らず、爪楊枝と木工ボンドで修復します。
そして、穴の位置を少し外側へずらします。

lantern18.jpg


はい、治りました!
多分・・・。

lantern19.jpg


気を取り直して次は塗装工程です。

その前に、ケース全体を改めて確認してみると真鍮の釘とゴールドの蝶番、シナベニヤの色の組み合わせが何だか神具のような・・・。
塗装すればいい感じになるはずと信じて・・・。

lantern16.jpg


使用するのはオスモカラーのパインです。
最近はこればかりです。
パインと言っても経年で日に焼けたパインのイメージの色です。

lantern20.jpg



いつものように、ウエスで塗り広げていきます。
簡単ですね。

lantern21.jpg


あ、ここで気付いてしまいました。
角の面取り作業を全くおこなっていませんでした。

サンドペーパーを使って面取りをおこないます。
このように角を丸くしてみました。

lantern23.jpg


全体の塗装が終わりました。
心配していた仏具感もなくなりホッとしました。

lantern22.jpg

本日はここまで。

~ コールマン200Aのランタンケース自作(3) ~




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Z ソーガイド鋸セット 30105 4963041301054
価格:3082円(税込、送料別) (2018/5/21時点)




★♪~ 私の参考書。オススメ本です~♪★






[ランタンケース コールマン200A アウトドア 自作]

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。