NSH_9144.jpg

再びプラモネタです。

今回はJAL版ボーイング787-8を製作しました。

前回のANA787-8プラモデル製作で得た教訓があります。

翼や胴体が光で透けるとオモチャっぽい!!
→ハセガワANAボーイング787プラモデルにチャレンジ

翼の厚みが結構薄いため、太陽光や電気の光で透けるとものすごくオモチャ感があります。

いろいろ調べて、塗装の下地にサーフェイサーを塗ればいいという情報を得ました。

今回はグレーのサーフェイサーを塗り、さらにホワイトのサーフェイサーを塗り、そしてホワイト塗装、最後にクリアーという4層に塗り重ねることにしました。

そこで、以下の2種類のスプレーを調達しました。



サーフェイサーを使用するのは実は初めてだったのですが、あまり塗りすぎるとスジ彫りが消えてしまうらしいので注意しながら塗装しました。

前回同じくサクサクと進めてここまで完成。写真撮る余裕もなく・・・。
鶴丸マークが付いた姿を早く見たかったので垂直尾翼のみデカール貼ってみました。

IMG_8622.jpg


そして、ここで痛恨のトラブル発生!!

デカールを爪で引掻いちゃいました・・。
IMG_8632.jpg

塗装で補修しようかと思ったのですが、絶対に失敗する自信がありました。
そこで、不要なデカールで黒いものを使用して切り貼りしました。

IMG_8635.jpg

とりあえず何とか補修。すこし歪みがありますが遠目で見れはわかりません。

IMG_8634.jpg


こちら、装着待ちのエンジンとギア部品です。

IMG_8725.jpg


最後は前回と同様、水性トップコートで仕上げて完成です!



前回作成したANA787-8と並べてみました。

この瞬間がたまらなく楽しいです(笑

塗料は同じ白を使用していますが、JAL機のほうはサーフェイサーの使用で何となく重厚感がある感じがしませんか?
写真では分かりにくいですが、光にかざすとJALのほうはまったく透けません。

NSH_9255.jpg

NSH_9224.jpg

NSH_9162.jpg

NSH_9267.jpg

NSH_9141.jpg

NSH_9243.jpg

NSH_9241.jpg

NSH_9246.jpg

以上、プラモネタでした。


1/200 ハセガワ プラモデルJAL ボーイング 787-8

1/200 ハセガワ プラモデルJAL ボーイング 787-8
価格:2,073円(税込、送料別)


1/200 ハセガワ プラモデルJAL ボーイング 787-9

1/200 ハセガワ プラモデルJAL ボーイング 787-9
価格:2,246円(税込、送料別)



★♪~ 私の参考書。オススメ本です~♪★



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ