NSH_9218.jpg

IMG_8547.jpg

本日はプラモネタです。

子供の頃はガンプラ(ガンダムプラモ)が流行っていて、友達と競い合って作っていました。

今の子供はプラモデルなんて興味ないんですよね。

私くらいの年齢になると、またプラモデル熱が再燃する人が多いらしいですが、最近私も再燃してしまいました。

今回入手したのはANAボーイング787のプラモデルです。

息子が最近飛行機が大好きということもあってこれを選びました。


何十年ぶりのプラモデルということもあって、塗料のこととかもう一度調べなおしました。

最近はみんなエアブラシなんか使ってるんですね!ビックリしました。
私が子供の頃は筆塗りが普通でした。

さすがにエアブラシなんて高すぎて買うことはできません。
嫁さんが鬼になってしまいます。

ただ、機体をすべて筆塗りするのは少々つらいので缶スプレーを購入しました。

IMG_8549.jpg

ANA機はベースは白で下半分がグレーになっています。
説明書と同じ色の缶スプレーが無かったためガルグレーにしました。
ただ、こいつは半光沢です・・。
仕上げにトップコートをするのでよしとします。

あと、筆塗り用のカラーを何色か購入。
小さな子供もいるため、健康に気を使って水性ホビーカラーにしました。
油性は臭いし筆洗いが大変ですしね。

とりあず1ケ月くらいかけてのんびり作るつもりです。

まずは機体と主翼。

何十年ぶりなので接着剤を塗り塗りするときでさえ緊張で手が震えます!!

合わせ目は当然紙やすりで消しておきます。
これはガンプラのときからのこだわりです。

IMG_8546.jpg

あとはサクサクと進めます~。

写真撮る余裕もなく、1週間後の姿です。

IMG_8456.jpg

白と胴体下のグレーの塗りわけもマスキングテープで完璧です。
この塗り分けが結構難しかった!!
後で貼るデカールとの兼ね合いもあり、位置を間違えるとおかしなことになります。
この時ANAを選んだことを少し後悔しました・・・。

難しいトリトンブルーのデカール貼りも何とかクリアしました!
しかし、他のブロガーさんも悩んでいたようにお尻の部分に隙間ができていしまいました。
ここは後で色を塗って補修することにします。


さらに1週間後。エンジンの組み立てです。

IMG_8462.jpg

窓のデカールも貼ってなかなかいい感じになってきました!


エンジンの中央にある、なるとのようなマークもデカールで再現。
これ、めっちゃ大変でした。
鳥よけらしいですね。

IMG_8556.jpg


あとは仕上げにトップコートを。
写真にはありませんが、タイヤなどはちゃんとマスキングしました。

IMG_8533.jpg


はい、完成!
全工程で3週間掛かりました。

IMG_8555.jpg

こだわったのはエンジンの焼け具合です。
クリアブルーを筆でちょこちょこっと塗りました。
エンジンって焼鉄色と黒鉄色というカラーを使うのですが、
買うともったいないのでシルバー、黒、赤を混ぜて作りました。
タイヤとホイールは小さすぎ!前後合わせて10個を筆で塗った後は目がバシバシに乾いてしまいました。

IMG_8554.jpg


仕上げの水性トップコートで結構ヌラヌラテカテカに輝いています。
本当は油性のクリアーがいいんですけどね。

IMG_8540.jpg


何十年かぶりのプラモ制作でしたが、やっぱり楽しいですね。
大きな失敗もなく、思ってたよりもまあまあ綺麗に出来て自己満足です。

息子も大感激でした。
ただ、これを持ってブ~ン!とやられたら冷や汗もんなので「見るだけだぞ!」と言ってます(笑

今回に味をしめて次はこれを製作します!
JALボーイング787(笑

IMG_8548.jpg






1/200 ハセガワ プラモデルANA ボーイング 787-8

1/200 ハセガワ プラモデルANA ボーイング 787-8
価格:2,116円(税込、送料別)




★♪~ 私の参考書。オススメ本です~♪★



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)