NSH_5418.jpg

さて、本日はペーパークラフトネタです。

息子が最近飛行機に興味を持ち出しました。
しかし少々方向性が変わっていて、普通ならボーイング747や最新型787などを好きになると思うのですが、なぜかプロペラ機が好きなんです。
国内線のプロペラといえばボンバルディアのDHC8-Q400ですね。

しかし、子供用玩具でDHC8-Q400ってなかなかないんですよね。

そんな中、たまたま近所の大型ショッピングセンターにある模型屋でFTOYSの食玩を見つけたのです。
この中になんとANAボンバルディアDHC8-Q400があるではありませんか!
息子は大興奮。
しかも1箱500円と安いです。



早速1つ購入したのですが、これって中身が何か分からないんですね。

残念ながらソラシドエアでした・・・。
もちろん息子はガックリ・・。

それから、2ケ月くらいかけて何度かお店へ通い合計5つも買いました。
この商品、人気が無いのか全然減ってませんでした。

結局、AIR DO2台とソラシドエア3台という結果に。

もうこれ以上買っても、この店はAIR DOとソラシドエアしかなないんじゃないかと疑念を抱き買うのをやめました。

ネットでも10箱セットで売っていたりするのですが、全種類揃うとは限らないようです。

やらしい商法ですよね。
ヒーローもののミニプラでさえ何が入っているかちゃんと箱に書かれているのに!!

Amazonで大人向けの飛行機模型は売ってたりするのですが、価格がゼロ1つか2つ多かったりします・・。

そして、あまりに残念がる息子のためにペーパークラフトで作ってあげることにしたのです。

ボンバルディアDHC8-Q400のペーパ-クラフトがないかネットで検索したのですが、さすがに見つかりませんでした。

そんな中で唯一見つけたのがこちら

埼玉県・戸澤 博さんのページ
※勝手にリンクしてすみません。

残念ながらANAではなく海上保安庁のもので、さらにQ400より小型のQ300なのですが、
これを何とか上手く活用させていただいてANAのQ400に出来ないかと考えました。

戸澤さんのペーパークラフトはシルエットがきちんとした飛行機らしいと言いますか、丸いところは丸いし本物の飛行機に形が近いのです。
ジャンボジェットも紙で作ったとは思えないような綺麗な形をしています。

Q400とQ300の大きく違う点は胴体の長さとプロペラの数、垂直尾翼の形です。
Googleで写真を検索して一生懸命調べました!

イラストレーターというソフトを使って、戸澤さんの海上保安庁仕様のQ300を元にANAのQ400を作成しました。
※戸澤さん勝手に改造して本当に申し訳ありません。

ana.jpg
当然素人の私が作成したペーパークラフトですので完璧なQ400ではありません。
ブルーの斜めのラインがちゃんと繋がるのか心配です。
ANAロゴはネットから拝借しました。
まあ、パッと見でANAのボンバルディアと分かれば息子も喜ぶでしょう。


あとはザクザク切って組み立てていくだけです。

IMG_6995.jpg
IMG_6996.jpg
IMG_7001.jpg

はい完成!
IMG_7014.jpg
IMG_7019.jpg
IMG_7037.jpg

胴体を延ばし、プロペラの羽の数も4枚から6枚へ。

戸澤さんのペーパークラフトは、翼にもきちんと丸みと厚みがあり素晴らしいと思います。

ブルーの斜めのラインが少しずれてるのは私の至らなさです。

実は、胴体を折れにくくするように中にティッシュをぎっしり詰めこみました。
これで子供が持って遊んでも多少は安心です。

さて、インクジェットで印刷した画用紙では水に弱く滲んでしまいます。

そこで、今回はこれを使用しました。
ミスターカラーのトップコート光沢です。



これを複数回に分けて吹き付けました。
スプレーすると色が滲むかなと心配したのですが、結構ベットリと吹き付けてもにじむことはありませんでした。
ただ、紙なのですぐに吸ってしまいます。
光沢が出るまで何度か吹き付けなければなりません。


すこし光沢感が出ているのが分かりますでしょうか?
表面も硬さが出て多少安心です。

IMG_7055.jpg
IMG_7046.jpg

今回はなかなか大変な作業でしたが、息子は大喜びでした。
作った甲斐がありました。

戸澤さんのペーパークラフトは素晴らしいので他にもいろいろ作ってみたいと思います。
埼玉県・戸澤 博さんのページ



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ