木材カットはホームセンターでカットしてもらうのが一番綺麗で楽なのですが、稀にバイト君のカットだと数ミリの誤差が出ることがあります。

やはり自分で思うがままにカットしたいのですが、丸ノコの購入も真剣に検討しましたが騒音と事故が心配です。

そこで見つけたのが、Zソーガイド!

→ゼット販売 ソーガイド鋸セットの価格を見る 【楽天市場】

IMG_6439.jpg

実はこの商品の存在を最近知りました。業界では有名なのでしょうか??
パッケージのお姉さんに後光がさしていていかにもやってくれそうな感があります!
直線カットは勿論のこと、45度カットも可能です。

私が購入したのは旧型タイプでして3,000円もしませんでした。
旧型は六角レンチで角度調整等おこないますが新型は手回しノブ付いています。

私の使用用途ではほぼ直線切りのみなのでリーズナブルな旧型で十分です。




残念ながら近所のホームセンターには売ってませんでしたのでネットで購入しました。

届いて早速中身を確認。

IMG_6441.jpg

写真には写っていませんが、ノコの位置合わせ用プレートも付いています。
位置決めの際、鋸の歯で木材を傷つけない配慮でしょうか。
さらに木工のための製図ソフトまで付いています!!

至れり尽くせりですね。



さっそくZソーガイドの出番がありましたので使用感をお伝えします。

オークのダイニグテーブルの脚をカットして低めのテーブルに改造します。
硬めのオーク材をノコで真っ直ぐカットするのはなかなか難しそうなので躊躇します。


まずは位置合わせのプレートを使用してカットする位置を決めます。

IMG_6449.jpg


クランプでZソーガイドと木材をしっかり固定します。
そして、あとはカットするのみ。
固定がしっかりしてないとZソーガイドの意味がありません。

感想は・・・・これは思った以上に楽です!!
ノコを前後に移動する際、神経を使わなくても一定の位置でスライドしてくれます。

IMG_6444.jpg

このとおり!
硬いオークの木材がスパ!っと切れました。


IMG_6447.jpg

4本とも1mmの誤差もなくカットできました。

いつもなら手が疲れて斜めになったりするのですが、鼻歌歌いながらでも作業できるくらい楽でした。

もっと早く見つけていれば・・・。

Zソーガイド、オススメです!

樹脂製のソーガイドも売っていますが、他のブロガーさんの使用報告では隙間が大きくてノコがゆがんでしまうとか、樹脂なのでどうしても本体が削れてしまうということでした。
Zソーガイドは金属性なのでブレも削れもなくいいですよ。

これからさらに木工の幅が広がりそうです!!






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ