東芝レグザ[REGZA]のリモコンの分解清掃 CT-90478

toshiba01.jpg


東芝レグザのテレビリモコンの音量調整ボタンの反応が悪いため分解清掃をおこないました。

リモコンの型式はCT-90478です。


ネジ類は一切ありませんので、カバーの隙間から薄いものを差し込んで勢いで開けていきます。
スマホ画面修理の時に付属していた工具にギターピックがありましたので、それを利用しました。
マイナスドライバーでも大丈夫です。

まずは、黒いパーツのみを外します。

toshiba02.jpg

外れました。 爪で引っかかってるだけなのでバキバキと外していきます。
バキバキ音に結構ビビりますが大丈夫です。

toshiba04.jpg


3つのボタンが取れますので、無くさないよう保管しておきます。

toshiba05.jpg


マイナスドライバーで側面から攻めていきます。
ここも勢いよくバキバキと開けていきます。

toshiba03.jpg

しかし、写真の右下に何か小さなパーツが転がっているような・・・。見なかったことにしましょう。


カバーが開くと緑色の基盤が外れますので、裏側の4つの黒い爪を外すと丸いボタンが外れると同時に、シリコンのようなシートも外れます。

toshiba06.jpg


分解できました。

toshiba07.jpg


洗えるものはジャブジャブと洗います!気持ちいいですね。
間違っても基盤は洗ってはいけません。

toshiba08.jpg



肝心のボタンの反応が悪い部分ですが、油のような水分のような、何かベットリとした液体が付着していました。
おそらく子供がジュースか何かをこぼしたのかもしれません。

手指消毒アルコールを綿棒に染み込ませて基盤の部分を清掃しました。

toshiba09.jpg


しっかりと乾燥させてから元通りに組み上げます。

toshiba10.jpg


結果、音量ボタンの反応は元通り直りました!


しかし、よく見るとカバーが若干浮いています。
やはり、カバーを勢いよく開けた時に爪が何か所か折れたようです。
まあ、今のところ使用には支障はないのでこのまま使用します。

toshiba11.jpg




スポンサーサイト