tile02.jpg
tile01.jpg

我が家のキッチン周りはメラミンのツヤのあるボードが貼られた、ごくシンプルなデザインです。
水はねや油汚れはさっと拭けば綺麗になるので助かっているのですが、シンプルすぎて寂しい気がしていました。

DIYでタイルでも貼ろうかと考えていたところ、ホームセンターでこんなものを見つけました。

tile03.jpg

シールで簡単に貼ることのできるタイルシールですが、本物のタイルように凹凸があるので本物に近いイメージです。


楽天ではサイズやカラーバリエーション、セット販売などが豊富にあったため、試しに購入してみました。
私が選んだのは「クラックオレンジ」カラーの31cm四方の正方形タイプです。

裏面がアルミになっていて耐熱もそこそこあるようなので、キッチン周りに使用しても安心です。
また、剥がすのも簡単らしいので、気分で別のカラーに変えることもできます。




前準備として、電源の化粧カバーを外しておきます。
そして、貼る部分の油汚れなどを綺麗に落とします。
薄めた中性洗剤やアルコール、パーツクリーナーなどでいいと思います。

tile04.jpg


サイズを測ります。
水漏れ防止の目地がありますので、その部分は引いておきます。
私の場合はちょうど10cmでした。

tile05.jpg


ハサミでカットしていきます。
タイルシールの表面には傷防止のフィルムが貼ってあるのですが、その上からマジックで線を引いて、フィルムごとカットしました。

tile06.jpg


電源コンセントの部分に貼るシートは、このようにくり抜いた形にしました。
カッターでカットしましたが、結構固いので怪我しないよう注意が必要です。

tile07.jpg

貼るとこのようになります。

tile08.jpg


化粧カバーを元に戻します。

tile14.jpg


角の部分は段差がありますので、この部分を避けるようにカットします。

tile09.jpg


大体貼り終わって完成です。

施工は1時間程度でした。
洗面台は本物のタイルを職人さんに施工してもらったのですが、見た目的には遜色ありません。
むしろこちらのほうがツヤが綺麗で鮮やかに感じます。

tile13.jpg

tile12.jpg

tile11.jpg

いかがでしょうか。
本物のタイルを貼る労力とコストを考えると、このモザイクタイルシールはコスパ最強だと思います。
あとは耐久性ですね。

久々に満足度の高い商品を見つけました。
他のカラーも購入してトイレなどにも施工してみたいと思います。





★♪~ 私の参考書。オススメ本です~♪★



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ